福岡NewStyle|結婚相談所

福岡NewStyleのブログです。

生涯未婚率|経済的要因よりも理想の高さと自信不足が原因

生涯結婚を一度もしない人が増えた一番の原因が経済的な問題であるという考えは間違いだとおもいます。結婚をしたいという人が現れたら、経済的な問題が壁になったとしても結婚をするはずだからです。

一つの原因に過ぎない

確かに、経済的なことで将来子供を育てられるか不安に思わない人はほとんどいないと思います。

しかし、実際に結婚している人たちは経済的な問題が原因で結婚に踏み込めなかったという人がどれだけいるのでしょうか。

“経済的に”ということを理由に結婚に踏み込めなかった女性は「この人よりもいい人が現れるかも」と思ったり、ギャンブル・持っているだけお金を使うなど自分と金銭感覚が違うことに不安を覚えたからなのではないでしょうか。

男性の場合、「今のまま、稼いだお金を自由に使える環境のままでいたい」と思ったから結婚ができなかった人が多いはずです。

一生、自分の好きなように生きていくことができる(と錯覚している)今の環境のほうが、経済的な理由以上に結婚ができない原因になっているはずです。

言葉を変えれば大人になり切れない人が増えたことで結婚をしなくなった人が増えたといえます。

聞こえのいい言葉に換言すると「結婚しない人生を自らの意思で選択した」とも言えます。

結婚相談所に登録する人

結婚相談所を利用する20代・30代女性の多くは経済的に自分を養えるだけの人を求めます。年収200万・300万円の人は、容姿がそれなりに良くなければ相手にすらされない現実があります。

ですので、結婚相談所を利用する男性はそれなりの経済力が必要になると思ってください。

生涯未婚の怖さ

20代で独身を謳歌していると、その生活が一生続くと錯覚します。30代前半までは「今のままの生活でいいや」と思えるでしょう。

しかし、未婚率が高くなったといっても、30代後半になると周りで結婚をしていない人のほうが少なくなります。

その現実を実感することで初めて、自分が結婚できない現実に恐怖を覚えるようになります。

30代後半・40代になると、独り身の男性の多くは一緒に遊べる知り合いがほぼいなくなります。その時点で、自分が一生孤独でいることに気付いても取り返しがつかないのです。

女性の場合は独身者仲間で集まり、孤独で生きていくことは男性よりも不安を感じないかもしれません。

しかし、自分の家庭を持つことができなかったことに後悔をするでしょう。また、年を重ね60代・70代になったときのことを考えると、一人で生活ができるのかどうか不安で仕方がなくなるはずです。

今20代・30代前半の人は、まだ間に合います。一緒に生活をしてくれるパートナーを探す努力をしましょう。

幸せは相手と一緒に作る

自分の理想に100%適うパートナーは絶対に見つかりません。しかし、理想の60%くらいを満たしてくれる人なら探せます。

理想の60%の人となら結婚をしたくないと思う人がもしいるとすれば、間違いかもしれません。幸せはパートナーと一緒に作ることができるからです。

自分が相手を幸せにしたいと思い、また相手も自分を幸せにしたいと思ってくれるのであれば、たとえ60%の理想でも確実に幸せになれます。

相手を幸せにしたいと思う気持ちは相手を幸せにするだけでなく、自分の心を満たすことにもつながります。人間は基本的に、自分の行為で誰かを幸せにしていると感じることができれば、自分の心が満たされるようになっているからです。

とはいっても、相手もあなたのことを幸せにして挙げようという気持ちがなければ、あなたの心の満腹感は長くは続きません。

なので、あなたが今特定の相手がおらず、誰かを探しているのであれば、相手に求めるのは「相手があなたのことを幸せにしようと思ってくれるかどうか」です。

生理的にあなたが受け付けることができない相手を選ぶ必要はありません。理想の60%を満たし、且つあなたのことを幸せにしようと思ってくれる人を探すようにしましょう。

当然、街コンや出会いバーなど、本気でパートナーを探そうとしていない人とその場限りの出会いを求めても結婚はできません。

参考:現代人は理想が高くなりすぎている (HPに移動)

自分に自信がない

「結婚をしたいけれど出会いがない」という人の中には自分に自信がない人も多くいます。

自分の容姿に自信がないから、「自分なんかが頑張っても」と思ってしまうのです。

自分に自信がもてないのは、現代人が理想が高くなってしまったことと因果関係があると私は思っています。

現実に異性と触れ合う機会なしに、テレビやネットで美男美女を見続けていればどうなるのかは容易に推測できます。

理想だけが高まり、自分に不釣り合いな相手を求め、理想の人と付き合うことができないと想像の中で自己完結してしまい自信を無くしてしまうのです。

恋愛に進むかどうか以前に、創造の中で自己完結させていても結婚ができるわけがありません。

とにかく異性と出会って会話をしてください。特定の相手がいない人は、それができなければ何も始まりません。

結婚阻む壁はなくさねば

西日本新聞に以下のような社説が載っていました。

結婚をするかしないかは、もちろん個人の自由である。他人がとやかく言う問題ではない。ただ、少子化に拍車がかかる可能性があるだけに、気になるテーマである。50差時点で一度も結婚したことのない人の割合を示す「生涯未婚率」のことだ。

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所の調査で、2015年に男性23.37%、女性14.06%となったことが分かった。10年の前回調査に比べて男女とも3ポイント増え、過去最高を更新した。

生涯未婚の人が男性でほぼ4人に1人、女性では同じく7人に1人いる計算になる。九州各県ともほとんど同じ傾向にある。

高度経済成長期までは「結婚するのが当たり前」とされた社会で、生涯未婚率も1985年以前は男女とも5%未満だった。2010年に男性が20%、じょせいが 10%を超え、それ以降は年々「結婚離れ」が鮮明になっている。

背景にあるのは国民の価値観や選択肢が多様化したことだろう。

「結婚しない人生」を否定的にとらえる傾向は確実に減り、自らの医師で独身を選ぶ人も増えてきた。

一方、結婚したいと願っていても、経済的理由などから実現できない人がいるのも現実である。

同研究所が昨年公表した別の調査では、18~34歳の未婚者のうち「いずれは結婚したい」と考えている人は男性で86%、女性は89%に達している。結婚の障害になっているのは「結婚資金」を挙げる人が最多で40%を超えていた。

非正規雇用の割合が約4割に達するなど低収入から抜け出せなかったり、長時間労働で異性と出会う機会がなかったりと、結婚を阻む壁が幾つも存在する。働き方改革は、将来に希望を持てる環境を整える上でも欠かせない。

福祉の専門家は「未婚の高齢者の増加に対応した介護や医療などの受け皿整備も進めるべきだ。家族の手助けに頼る社会保障は限界に近づいている」とも指摘する。

「結婚したいのにできない」人が増えているとすれば、政府は重く受け止め対策を講じるべきだ。