読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡NewStyle|結婚相談所

福岡NewStyleのブログです。

30代・40代は早く気づきましょう|自分の顔を毎日鏡で見ているから気づかないことがある

婚活の実情

f:id:step-up:20160511024120j:plain

結婚相談所をやっていて思うことの1つが、男性も女性も自分はまだまだ若いと思っている方が多いということです。

特に男性はいつまでも20代にこだわりすぎです。「20代と結婚したいなら、なんで20代のうちに結婚をしなかったんですか?」と言いたくなってしまいます。

毎日鏡を見ていないから気づかない人が多いのですが、30代後半・40代の方は自分が思っている以上に老けているんですよ。

気になるなら写メで普段の表情の自分を取ってみてください。おじさんやおばさんがそこにいますから。

30代後半の独身の方の相当数は「まだまだ20代後半で行ける、悪くても30代前半に見られる」と勘違いしています。絶対に見られませんから!!

ごくまれに、「本当に30代?20代じゃないの?」という方はいますが、自分がそれに該当しているとは思わない方がいいでしょう

女性の場合は化粧で何とかごまかせている方もいますが、お酒を飲んだらすぐにばれてしまいますよね。

自分が若いと勘違いし続けているから、自分の年齢に見合わない相手を探そうとするんです。そんなことをしていてはいつまでたっても結婚ができず、時間が経つとさらに結婚が難しくなるし、相手の条件も悪くなるだけです。

ですので、婚活をするときは自分の年齢±5歳くらいで探す事を勧めます。できるだけ若い人と結婚をしたいという気持ちは分かります。しかし、現実的に難しいのですから譲歩が必要なんです。

イケメン・美女、社会的地位や経済的に豊かなど、容姿以外で人を引き付ける要素がない限り20代前半の人が30代、20代後半の人が30代後半の人を好きになることなんてまずありえないんです。

「いや、若い人じゃないと結婚をしない」というなら、結婚をあきらめましょう。