読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福岡NewStyle|結婚相談所

福岡NewStyleのブログです。

結婚相談所の料金が高い理由|20代でも利用しやすい福岡の結婚相談所

結婚相談所を利用しようとネットで検索をしてみると、その料金の高さに驚いてしまうはずです。

 

データマッチング型(大手の結婚相談所)

ツヴァイ・オーネット・ノッツェなどの大手の結婚相談所は年間30万円は必要になります。

ぼったくりなのでは?

と思ってしまう料金設定です。

しかし、大手の結婚相談所は駅地下の一等地の店舗を構え、広告宣伝費にも莫大なお金を使い、システム管理費用、カウンセラー・アドバイザーなどを雇っているので仕方がないことです。

福岡の天神(渡辺通り沿い・明治通り沿い・中洲・大名など)でテナントを借りると少なくとも坪2万円は必要になります。少なくとも200平米(約60坪)くらいの広さが必要になるので120万円は必要になります。

実際は400平米で坪単価3万円以上するところを借りなければ、大手らしい外観を保つことができません。だから、家賃だけで400万円以上はかかっているはずです。

店舗は福岡だけではありません、全国に支社があります。

広告宣伝費・システム管理費は400万円どころではありません。桁が違います。

この経費は会員が支払う会費で賄っているのです。

もちろん、そのような経費をかけることによってはじめて何万もの会員を集めているのだから必要な経費です。料金が高いのは当然なんです。

連盟型(個人経営の結婚相談所)

日本結婚相談所連盟(IBJ)・日本仲人連盟(NNR)・日本結婚相談協会(JBA)・日本ブライダル連盟(BIU)・良縁ネット・(R・net)・日本成婚ネット(JMN)などの連盟に属し個人で結婚相談所を営んでいるのが連盟型です。連盟型はフランチャイズのようなものと思ってください。

連盟型の結婚相談所はマンションの一室などを利用して運営をしているので都市の中心部でなくとも運営ができます。

実際に、天神・博多駅の近くではなく、東区・西区・南区・糸島市・福津市・糟屋郡・直方市・春日市・大野城市・久留米・八女郡などで結婚相談所を営んでいるところがあります。

費用は結婚相談所によってピンキリになりますが、多くは大手とあまり変わらないです。

初期費用に数百万必要になるのでその金額をペイすること、周りの結婚相談所の費用などを考えて料金設定をしているのでしょう。

福岡NewStyleでは20代に限り、結婚を前提としない方も登録ができるようにしました。

交際経験が乏しい

「結婚をしないのに結婚相談所?」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、今の20代は交際経験なし、あっても1・2人という方が相当数を占めるようになってしまいました。

本気で人を好きになり「この人と結婚したい」と思えるようになるには、結婚よりも前に異性と付き合うという経験が必要です。

結婚相談所がそのきっかけを与えても何ら不思議ではないのです。

むしろ、今後の結婚相談所は恋愛のきっかけを与え、そこから結婚まで持っていくことがセットにならなければならないと思うのです。

真面目な結婚相談所

結婚ではなく恋愛支援をすることは、いかがわしい出会い系のサイトと勘違いされてしまうかもしれません。

当然、結婚を前提としない恋愛支援は大手結婚相談所とフランチャイズ契約をしていてはできません。

しかし、「結婚をしたいのにできない」という人をできるだけ少なくするためにも、勘違いされる危険性を冒して恋愛支援をする結婚相談所を作る必要があったのです。

だから、無謀だとはわかりながら一から福岡NewStyleの運営を始めたのです。

20代後半で特定の相手がいないと生涯未婚になる

20代後半で恋愛経験のない方がそのまま30代になってしまうと、かなりの確率で生涯未婚になります。

20代前半までは一生一人でもいいと思っている人も、20代後半になり周りが少しずつ結婚し始めると焦り始めます。

しかし、恋愛経験が乏しい人はそのままずるずる30代になり、気付けばアラフォーになるのです。

「仕事で忙しい」「友達と遊んでいる方が楽しい」と言い訳をし続ければ、自分の家庭を持つということを逃してしまいます。

35歳ころになって「やっぱり結婚がしたい。でも、もう結婚できる可能性は0に近い」ということに気づいてからでは遅いのです。

結婚することで犠牲にしなければならないことはありますが、それ以上に幸せを手に入れればいいだけのことです。

一生一人で生きていかなければならないという現実に気付いてからでは手遅れだということを肝に銘じておきましょう。

容姿に自信がない

自分の容姿に自信のない人は、小学校高学年ごろから徐々に恋愛から遠ざかろうとし始めます。中学時代に自分の容姿のことでさらに悩むような出来事が起こったら、より一層恋愛から遠ざかるようになってしまいます。

そのような経験をしてきた人は、20代になってからもなかなか前に出ることができません。

「自分は容姿に自信がないから誰も相手にしない。だから初めから諦める」と思ってしまうのです。しかし、そんな人もあきらめないでください。

確かに婚活では容姿は大切です。ものすごく大切です。

しかし、安心してください。20代になってからは、中学や高校時代のときのように顔さえ良ければOKというような恋愛をしている人は少なくなります。

逆に、いつまでも顔でしか判断しない人は、容姿がよくても結婚できなくなります(当然、美男美女が結婚することもあります)。

自分の容姿を言い訳していても何も始まりません。容姿に自信がないのであれば服装や髪型で努力をすればいいのです。体形に自信がなければダイエットをすればいいんです。

男性なら経済的に安定すればかなりポイントが高くなります。

とにかく一歩を踏み出しましょう。

性格が重要

比較的男性に多いのですが、容姿は普通・経済的にも問題ない、しかし女性に全く相手にされないという方がいます。

何か勘違いしているのです。

自分はおしゃべり上手と思っているのかその場の雰囲気を考えずに自分が思ったことただただしゃべり続けるという人は要注意です(自分では気づけないので注意できないかもしれませんが)。

特定の相手がいても不思議ではないのに何年も良い出会いがないと思っている人は自分の性格を客観的にみることを勧めます。

福岡NewStyle

福岡NewStyleは連盟型の結婚相談所を2016年9月末まで営んでいました。しかし、縛りが強すぎ思うようなことができませんでした。ですので、一から結婚相談所を作ることにしたのです。

連盟型の結婚相談所では、結婚はしたいけれど金銭的に結婚相談所を利用をためらう人、結婚相談所を利用するほど危機感を感じていない人が会員登録をすることはありません。

このような人が多くを占めている今の婚活の実情からすると、潜在的な利用者を見逃すことになってしまいます。

この方たちが、婚活のツールとして利用するのが婚活パーティー・ネット・街コンです。しかし、結婚相談所以外の婚活ツールではほぼ結婚はできません。

金銭的な問題のない人は最終的に結婚相談所を利用することになります。しかし、結婚が難しくなる30代後半になって焦って結婚相談所に登録をしてもどうにもならないのです。

出会いがほとんどない、且つ、特定の相手がいない20代の方「 結婚くらいその気になればできるでしょ」というくらいの感覚であっても、すぐにでも結婚相談所を使い結婚を意識する必要があるのです。

参考:福岡NewStyleについて